= これが世界だ!

これが世界だ!

トレンドなネタや面白事件、アニメやゲームについての記事を盛り込んでますので暇つぶしにどうぞ!


    ベテラン声優の野沢雅子や神谷明などが若手の声優を猛批判 !「個性がない」


    ベテラン声優「個性がない」若手を猛批判 - ニコニコニュース

    6月17日放送の『こんなところにあるあるが。土曜 あるある晩餐会』(テレビ朝日系)に、ベテラン声優の神谷明(70)、三ツ矢雄二(62)、野沢雅子(80)らが出演。若手声優に、苦言を呈する場面が見られた。 この日は、“今アイドル以上にファンを魅了! 人気声優あるある”と題し、 ...
    (出典:ニコニコニュース)



    (出典 blog-imgs-106.fc2.com)


    アニメがかなり増えたから声優があぶれてるんだよなぁ。

    ベテラン声優「個性がない」若手を猛批判
    日刊大衆

     6月17日放送の『こんなところにあるあるが。土曜 あるある晩餐会』(テレビ朝日系)に、ベテラン声優の神谷明(70)、三ツ矢雄二(62)、野沢雅子(80)らが出演。若手声優に、苦言を呈する場面が見られた。

     この日は、“今アイドル以上にファンを魅了! 人気声優あるある”と題し、神谷らベテラン勢から若手まで、10人の人気声優がアフレコ現場やオーディションの裏話などを語り合った。その中で、アニメーション映画『君の名は。』(新海誠監督)に出演した神木隆之介(24)など、声優業に進出する俳優の話題になったところ、神谷は「僕は基本的には、新しい風が吹いてきたと思って大歓迎」と賛成の声を上げた。

     神谷によると、最近の声優界は演技が硬直化しているとのことで、ベテランの声優陣はより自然な演技を心がけているという。ところが、若手の声優にはそうした意識が低いようで、神谷は「やはり今の若手を見ていると、(アニメ製作者からは)使いたいと思われないんじゃないか」と心配していた。

     すると、三ツ矢が「(若手声優は)声もみんな同じ。個性がない」と指摘し、野沢も「(そう)思いますよ。その通りです」と同意するなど、ベテラン勢から若手声優に対する批判が噴出。声優の松本梨香(48)は「昔モテなかったであろう人たちが、(モテる)役を演じていて、それになりきっちゃって“あれ? ちょっと勘違いしてるかな”っていう人が多いです」と言い、「鏡をプレゼントしたい」などと皮肉を述べていた。

    「ネット上では、ベテラン勢が若手へ一方的に注文をつける展開に、“見ていて不快になった”“若手にも話をさせろ”などといった批判の声が数多く寄せられていました。かつての声優は俳優出身の人が多かったんですが、今の声優はアイドル化していて、考え方や活動内容もだいぶ変わっていますからね。ベテランとしては、違和感を感じることも多いんでしょう」(芸能誌記者)――これもジェネレーションギャップ?



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ベテラン声優の野沢雅子や神谷明などが若手の声優を猛批判 !「個性がない」】の続きを読む


    宅配がヤバイ!悪いのはアマゾン?指定時間に不在の利用者?賃金未払いの宅配業者? - 週刊女性PRIME [シュージョプライム]

    「'92年に約12億個だった宅配業者の年間取り扱い個数は、'14年には約36億個と22年で3倍になった。'34年には60億個に達するといわれますが、私はもっと早いと予想しています」. そう語るのは、物流コンサルタントの角井亮一氏。 「事の発端は、2000年のアマゾンの日本上陸 ...
    (出典:週刊女性PRIME [シュージョプライム])


    それなっ!ておもったww

    1 野良ハムスター ★ :2017/06/22(木) 14:11:45.99 ID:CAP_USER9

    アマゾンジャパン(東京・目黒)が日本国内で独自に配送網を構築することになった。アマゾンは個人事業者を活用し、宅配便首位ヤマト運輸を事実上中抜きする。実は親会社の米アマゾン・ドット・コムの目線はもっと先にある。究極の姿は、時間のある一般人に委託したり、ロボットを使ったりする手法だ。アマゾンが世界の物流のあり方を変えようとするなか、欧米企業も対応を進めている。

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ22H3H_S7A620C1000000/

    ★1:2017/06/22(木) 13:02:35.08
    前スレ
    https://asahi./test/read.cgi/newsplus/1498104155/


    【アマゾンとかネット通販の荷物はこれからはヒマな一般人に運ばせようぜ!】の続きを読む


    TOKIOに「幻のシックスマン」がいたことをご存知だろうか?


    TOKIO幻のメンバー「松島茂宏」とは? - 日刊大衆

    TOKIOがアルバム制作に入ることになり、城島は松岡から「リーダー、あのときの曲、ちょっと手直しして1曲仕上げようと思うんだけど」と相談された。城島が「なんの曲?」と松岡に聞き返すと、「いや、あんとき二人で作った曲」と言われたそうだ。しかし、城島は「えー、どんなんやっ ...
    (出典:日刊大衆)



    (出典 i.ytimg.com)


    なるほどねww

    TOKIOに「幻のメンバー」がいた!?
    日刊大衆

     TOKIOといえば、城島茂、山口達也、国分太一、松岡昌宏、長瀬智也による五人グループだ。しかし、今から5年ほど前、“松島茂宏”という幻のメンバーがいたことはご存じだろうか。松島茂宏は、2012年にリリースされたアルバム『17』にもクレジットがある。

     このアルバムには、メンバーが手がけた曲が17曲収録されている。この中の『ロースピード』という曲は、作詞に松岡、編曲に長瀬が関わっているが、作曲に“松島茂宏”の名前がある。実はこの松島茂宏とは、松岡と城島の二人の名前をミックスしたものなのだ。

     この曲の起源は、まだ松岡が中学生の頃、TOKIOがデビューする前にまでさかのぼる。当時、ジャニーズの寮の部屋で、松岡と城島は「なんか曲作ろうか」と二人で曲を作っていた。

     そして時は2012年。TOKIOがアルバム制作に入ることになり、城島は松岡から「リーダー、あのときの曲、ちょっと手直しして1曲仕上げようと思うんだけど」と相談された。城島が「なんの曲?」と松岡に聞き返すと、「いや、あんとき二人で作った曲」と言われたそうだ。しかし、城島は「えー、どんなんやったっけなぁ」と思い出せなかったという。

     これを話していたのは、『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)のロケの合間だったが、松岡はその場で城島にその曲を歌って聞かせた。曲を作った当時、特に録音などはしていなかったものの、松岡はメロディと歌詞を完璧に覚えていたという。それを聞いて城島は「ああ、あったねー、そういう曲。懐かしいね」「よう覚えてんな、詞まで」とようやく思い出した。その曲を形にしたものが『ロースピード』だ。作曲者の名義は、松岡が自分と城島の名前をミックスし、ユニット名のようにした。

     ちなみにこのアルバムには、城島が作詞と作曲、メインボーカルを務めた『More』という曲も収録されている。この曲は全編英語の歌詞なのだが、これにも深い意味がある。TOKIOというグループ名は、グループ結成時にジャニー喜多川社長が「いつか世界に飛び出したときに、どこの(国の)バンドかすぐ分かるように」と、日本の首都である“東京”からつけられた。城島の中には、それを聞いてからずっと「いつか世界に……」という思いがあり、海外の人でも分かる英語の曲をずっと作りたかったのだという。それをこのアルバムで形にしたのだ。

     TOKIOのメンバーの思いが込められているアルバム『17』。一度聴いてみてはいかがだろうか。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【TOKIOに「幻のシックスマン」がいたことをご存知だろうか?】の続きを読む

    このページのトップヘ