これが世界だ!

管理人が好きな世界中(日本多め)の芸能やアニメ、ニュース、番組など気になった記事を好きなだけ詰め込んだ欲望満載のまとめサイトとなっております。

    カテゴリ: お笑い


    サンドすごいな

    NO.5930373
    ダウンタウンが2位!? 「面白いお笑いコンビ」第1位は?
    ダウンタウンが2位!? 「面白いお笑いコンビ」第1位は?
    毎年、新しい人気コンビが出てくるお笑い界。

    浮き沈みの激しい世界だが、そんな中でも実力を発揮し、息の長い活躍を見せるコンビも多数存在する。

    そこで今回は「今一番面白いと思うお笑いコンビ」を、20〜50代の男女各世代50人ずつ、合計200人に聞いてみた。

    まず、第4位にランクインしたのは大悟(37)とノブ(37)によるコンビ“千鳥”だ。

    2000年に結成し、03年の『M-1グランプリ』で決勝進出を果たして以降、テレビ出演も増加。

    岡山弁と大阪弁が混在した独特の方言による漫才が特徴で、ロケやひな壇など、オールマイティな活躍を見せている。

    そんな千鳥には「何ともいえない下品さ」(50代/男性)の他、ノブの定番のツッコミにかけて「くせがすごい」(50代/女性)という賛辞が寄せられた。

    第3位には、太田光(52)と田中裕二(52)からなるコンビ“爆笑問題”がランクイン。

    1988年に結成。

    90年代『ボキャブラ天国』シリーズ(フジテレビ系)への出演で、全国的な人気コンビに。

    現在は『サンデー・ジャポン』や『爆報!THEフライデー』(どちらもTBS系)など、MCを務めるテレビ番組も多い。

    「ボケと突っ込みが良いタイミング」(40代/女性)や「普通の話をしていても面白い」(50代/女性)など、その話術が高く評価されたようだ。

    ■第1位は意外な結果に!
    続く第2位は、浜田雅功(54)と松本人志(54)の“ダウンタウン”が入った。

    82年に結成し、80年代後半にはお笑い第三世代として注目を集め、シュールな内容の漫才やコントで圧倒的な人気を博し、大ブレイクした。

    『水曜日のダウンタウン』(TBS系)、『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)などの冠番組を数多く持っており、その中には『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)といった30年近く続く長寿番組もある。

    評価の声も「ボケとツッコミのタイミングが素晴らしい」(30代/男性)というテクニックを評価するものから、「何においても面白い」(40代/男性)と、全面肯定する意見まで幅広く、その人気の奥深さを見せつけた。

    そのダウンタウンを抑えて、見事、第1位に輝いたのは、伊達みきお(43)と富澤たけし(43)の“サンドウィッチマン”。

    98年に結成すると、2007年の『M-1グランプリ』で敗者復活枠から優勝をして、一躍人気コンビとなった。

    会話のやりとりの中で笑いを取っていく漫才やコントが特徴で、毎年全国ツアーを行うほどライブにも力を入れている。

    そのためか「コントのネタがとにかく面白い」(50代/女性)や、「ネタのクオリティが高く、テンポも良い」(10代/男性)など、具体的に評価する人が多かった。

    また中には、「震災のときの対応に好感を持った」(20代/女性)など、コンビの人柄へのコメントもあった。

    5位以下には“NON STYLE”、“さまぁ〜ず”、“ナイツ”、“銀シャリ”、“中川家”と、実力派のコンビ5組が同率5位に並んだ、今回のアンケート。

    今後、このランキングにどんな新顔が入ってくるのか、楽しみだ。

    【日時】2017年11月20日 20:00
    【提供】日刊大衆


    【面白いお笑いコンビランキングで第2位のダウンタウンを抜きトップになったのはあの2人?!】の続きを読む


    嬉しい限りじゃんww

    NO.5885619
    にゃんこスター オファー週に100本超で睡眠2時間!
    にゃんこスター オファー週に100本超で睡眠2時間!
    お笑いコンビ・にゃんこスターが、30日放送の日本テレビ系バラエティー『人生が変わる1分間の深イイ話×しゃべくり007合体SP』(後9:00)の『深イイ話』パートに登場。結成わずか5ヶ月だが、今年の『キングオブコント2017』で準優勝を果たすと1週間で仕事のオファーは100件以上と、またたく間に人気者の階段を駆け上がった。

    実は、カップルであることも告白するなど話題に事欠かない2人のラブラブな私生活と仕事の裏側を、テレビ初密着で明らかにする。

    縄跳びが上手なボケ担当のアンゴラ村長は、芸歴3年目で今年の3月に早稲田大学文学部を卒業したばかりの才女で、ルックスが“かわいい”と話題に。

    一方、帽子に短パンというポップな格好でツッコミを担当するスーパー3助は、芸歴15年目を迎える34歳。

    番組ではブレイクした後も都内のカラオケ店でアルバイトをするスーパー3助と、ベンチャー企業に勤めるアンゴラ村長が働いている姿も初公開する。

    現在テレビ番組出演や地方での営業で大忙しで、今の平均睡眠時間はなんと2時間。

    多忙を極めるなか、二人は移動中の車内では寄り添って寝たりとラブラブな様子。

    アンゴラ村長が隣で寝ている時に、スーパー3助にインタビューをすると「今は彼女として見てます」とデレデレ。

    しかし、「もし別れたらコンビは解消するのか?」というスタッフの質問には、スーパー3助は「別れてもコンビを続けたい」、アンゴラ村長は「別れたら解散」と食い違う場面も…。

    ブレイクした後も芸人以外の仕事を続けるスーパー3助はこの日、3年間務める都内のカラオケ店でアルバイト。

    ブレイク後、初出勤では「ドリンクバーはあちらになります。いってらっしゃいませ」といつものように接客するのだが、お客さんに気づかれることはあるのか…。

    一方、アンゴラ村長も都内のベンチャー企業でバリバリ働くキャリアウーマン。

    しかし、これまでの給料は会社が10万円、芸人が3千円。

    得意先へ営業電話かける新たな一面が明らかになる。

    【日時】2017年10月30日 09:00
    【ソース】ORICON STYLE


    【にゃんこスター、週に100本のオファーで睡眠2時間の苦行生活wwwwwwwww】の続きを読む


    かまいたち、にゃんこスターに本音爆発 「おかしいやろ。俺らが優勝したんやろ」
    かまいたち、にゃんこスターに本音爆発 「おかしいやろ。俺らが優勝したんやろ」
    …一を決める「キングオブコント2017」(KOC)で優勝したお笑いコンビかまいたち(濱家隆一、山内健司)が登壇した。 普段から酒好きという濱家は「めちゃ…
    (出典:エンタメ総合(エンタメOVO))



    (出典 everyday-topic.biz)



    【かまいたち、KOCでにゃんこスターに話題を持っていかれ絶叫wwwwwwwwww】の続きを読む


    “0.5発屋予備軍”番組「エンタの神様」心半ばで消えていった芸人達の悲しき末路...


    「エンタの神様」サンドウィッチマンやバイきんぐのネタが「ガッカリ」なワケ! - アサ芸プラス

    9月30日にお笑いネタ見せ番組「エンタの神様」(日本テレビ系)の2時間スペシャルが放送された。10年まではレギュラー番組として人気を博し、最近は年に3~4回ペースで放送され、毎回10%ほどの視聴率を叩き出す人気番組となっている。 今回もANZEN漫才のように ...
    (出典:アサ芸プラス)



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    ですよ。 エンタの神様

    (出典 Youtube)


    一握りしか面白いのいなかったしな

    アサジョ
    アサジョ

     なんとなく0.5発屋で終わるのも納得できる?

     9月28日に放送されたバラエティ番組「じっくり聞いタロウ ~スター近況(秘)報告~」(テレビ東京系)に、ピン芸人の「ですよ。」「デッカチャン」「KICK☆」が出演した。

     この3人といえば、レギュラー放送されていた人気お笑い番組「エンタの神様」(日本テレビ系)でお馴染みの顔だったが、7年前に番組が終わって以降はテレビで見かけることはめっきり少なくなっていた。

     同番組に20回連続で出演したという「ですよ。」は、ブレイク当時のMAX月収が100万円であったことを告白。また、「エンタの神様」の出演1回につき、8000円のギャラが発生していたことを明かしている。また、「エンタ」によって発掘された「ですよ。」のような芸人には、“エンタしばり”といって、毎週同番組に出演できる代わりに他の番組には出演できないという暗黙のルールが課されていたことも告白している。

     とはいえ、あれだけの人気番組だったゆえ、「エンタ」で有名になれば、番組終了後もそれなりのオファーがありそうなものだが、実はそうでもないようだ。

    「番組のおかげで営業の仕事は増えたとのことですが、ブレイク時は『エンタの神様』1本足打法ということもあって、番組の色が付き過ぎたようですね。レギュラー放送が終了した途端、世間からは番組とともに旬が過ぎ去った芸人というイメージが出来上がったようです。

     加えて、『エンタ』では、1組の芸人に対してディレクターと作家が3人ぐらいついて、皆でネタを出し合って、プロデューサーが選ぶというスタイルがとられていたそうで、『ですよ。』が考えたネタは選考に一度も通らず、番組で披露することができなかったとか。そのため、自分でネタを考える力が育たず、番組が終わった途端に急激につまらなくなったということも理由に挙げられています」(エンタメ誌ライター)

     今回番組では3人を一発未満で消えた「0.5発屋芸人」と紹介していたが、視聴者も、3人の再ブレイクに難しさを感じたようだ。

    (田中康)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【“0.5発屋予備軍”番組「エンタの神様」心半ばで消えていった芸人達の悲しき末路...】の続きを読む


    一発屋にあらず 評論家も認めた「にゃんこスター」の将来性
    一発屋にあらず 評論家も認めた「にゃんこスター」の将来性
    …属が決まった。「キングオブコント2017」準優勝に輝いた男女コンビのにゃんこスター(アンゴラ村長、スーパー3助)。 大会に照準を合わせコツコツとネタ作…
    (出典:エンタメ総合(日刊ゲンダイDIGITAL))



    (出典 cdn2.natalie.mu)


    設楽も言ってたけど、ネタの続きが超気になります!
    新しい笑いだったww

    【新星お笑いコンビ『にゃんこスター』評論家も認めたそのポテンシャルの高さと将来性。】の続きを読む
    月別アーカイブ
    最新コメント
    Twitter プロフィール
    トレンドなネタや面白事件、アニメやゲームについての記事を盛り込んでますので暇つぶしにどうぞ!
    カテゴリー
    Amazonライブリンク
    楽天市場

    このページのトップヘ