これが世界だ!

芸能トレンドや事件・ニュース、特撮(主に仮面ライダー)についての記事を主体としていますので暇つぶしにどうぞ!

    カテゴリ: 雑学・おもしろニュース


    進化生物学者が予測した“スマホを使うため”に進化した手がキモすぎるwwwwwwwww


    “スマホのため”手が進化すると… - ニコニコニュース

    スマホのため”手が進化すると… 2017/10/21(土)16:31 ナリナリドットコム ナリナリドットコム. 今やスマホは生活の大きな部分を占めているが、人間の手に最適化しているとは言いがたい。そのため、人間の手がスマホを扱うために進化するのではないかと、進化生物学者が考察 ...
    (出典:ニコニコニュース)



    (出典 kendamarider.com)


    ミギーかな?

    ナリナリドットコム

    今やスマホは生活の大きな部分を占めているが、人間の手に最適化しているとは言いがたい。そのため、人間の手がスマホを扱うために進化するのではないかと、進化生物学者が考察した想像図が公開された。

    画面をより操作しやすくするために尖った人差し指。中指や薬指はグリップ力を高めるため吸盤化し、親指と小指はつかんで落ちないように伸び、指先は曲がった形に。手のひらにはよりフィットするくぼみができており、奇妙としかいいようがない。

    監修した進化生物学者のアプリン博士は「人間の手がこの形になるにはたくさんの世代を重ねる必要がありますが、それよりも人間が進化していくことでスマホが必要なくなっていることでしょう」と語った。

    ネットでは「スマホは持てるかもしれないが、人間同士の触れ合いはなくなっている未来だな」「間違いなく、未来の人間の脳は今よりも縮小しているだろうね」「昔の携帯電話は肩から掛けてた。そのうち、手のひらに埋め込めるようになるさ」「テレパシー能力が芽生えるはず」といった反応があるようだ。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【進化生物学者が予測した“スマホを使うため”に進化した手がキモすぎるwwwwwwwww】の続きを読む


    最近出てこないの巻

    NO.5856932
    漫画タイトルの「ワンピース」、そもそも何のこと?
    漫画タイトルの「ワンピース」、そもそも何のこと?
    世界中で大人気の海賊漫画『ONE PIECE』(集英社)。

    作品のタイトルにもなっている「ワンピース」とは、そもそも何を意味する言葉なのだろうか。

    作中の「ワンピース」とは、すべての海賊たちが目指しているお宝で、手にした者が“海賊王”になれるという代物。

    通称「ひとつなぎの大秘宝」とも呼ばれている。

    しかし、たびたび作中では目にする言葉だが、実はその正体はまったく明かされていない。

    それどころか追いかけている海賊たちでさえ、どんなモノなのか知らないようだ。

    かつての海賊王ゴールド・ロジャーは、死の間際にこんなセリフを遺している。

    「おれの財宝か? 欲しけりゃくれてやるぜ… 探してみろ この世の全てをそこに置いてきた」。

    「ワンピース」を発見したと思われる海賊王が、「おれの財宝」というからには、それが「ワンピース」のことを指していると思って当然。

    そして「置いてきた」という言葉から、それが「モノ」ではないかという推察ができる。

    しかし、コミックスが85巻まで進んだ現在でも、分かっている情報はそれだけ。

    この「ワンピース」が、「金銭的価値の高いモノ」なのか、「とんでもない力を秘めた武器」なのか、「不思議な力を持つアイテム」なのか、まったくハッキリしていない。

    そこでファンの間でささやかれているいくつかの説を紹介しよう。

    まずは、「ワンピース」の通称である「ひとつなぎの大秘法」からの連想で、世界を「“ひとつなぎ”にするアイテム」という説。

    『ONE PIECE』の世界は、五つの海で分断されており、それぞれのエリアを行き来するのは至難の業だ。

    この分断を取り払い、世界を「ひとつなぎ(一繋ぎ)」にして、平和と自由をもたらすとすれば、「ワンピース」の名にふさわしいのではないだろうか。

    二つ目は「ひとつなぎ」を「人繋ぎ」と解釈し、海賊王になるためにともに進んできた「仲間たちとの深い信頼関係こそがワンピース」であるという説。

    仲間とのアツい友情が描かれる『少年ジャンプ』の作品だけに、ありそうな説といえるだろう。

    他にも「世界を滅ぼすことができる古代兵器の一つ」という説や、作中に飛行機が登場しないことから「空を飛ぶことが可能になる何か」という説なども噂されている。

    さらに、ロジャーはひと言も「ワンピース」という単語は言っていないので、「実はワンピースなど存在しない」という極端な説もある。

    結局のところ「ワンピース」の正体はいまだ不明。

    ヒントはロジャーの遺したセリフと、そのロジャーの盟友でもある白ヒゲというキャラクターが叫んだ「“ひとつなぎの大秘宝”は実在する!!!」というセリフのみ。

    はたして「ワンピース」とは何なのか、その最大の謎が明かされる日を楽しみに待とう。

    【日時】2017年10月17日 10:00
    【提供】日刊大衆


    【ワンピースってそもそもどういう意味なん?って奴多すぎwwww】の続きを読む


    「苦しんだ分いつか報われる」っていう日本のクソみたいな風潮なんなの?


    「苦しんだ分いつか報われる」っていう日本の風潮なんなの? そんなこと ... - ニコニコニュース

    僕の知人には、何人かブラック企業に勤めている人がいる。彼らは日々酷使され続け、心身ともに病んでいることが多い。僕は「そんなどうしようもない職場なんか捨てて、 ...
    (出典:ニコニコニュース)



    (出典 leisure-bonds.com)


    要は苦しめって事だもの

    キャリコネ

    僕の知人には、何人かブラック企業に勤めている人がいる。彼らは日々酷使され続け、心身ともに病んでいることが多い。僕は「そんなどうしようもない職場なんか捨てて、転職すれば?」と言うんだけど、なかなか辞めない。

    「今の職場を離れたら、転職に不利になるかもしれない」なんて言葉を吐いて、苦しそうな表情をして、今日も満員電車で通勤する。(文:松本ミゾレ)

    ブラック企業社員「きっと誰かが見てくれている。いつかはそれが評価される」

    苦しんだら苦しんだ分、いつか報われる!そういう宗教めいた考えなんか捨てちまえ!誰もお前を見ていない!

    世の中にはホワイト企業だっていくつもある。ホワイトとは言えないまでも、真っ当な職場だって数多ある。それなのにどうしてわざわざブラックなんかの奴隷になる人間がいるのか、理解できない。

    あるときその素朴な疑問をブラック企業で働く彼に投げかけたら、こんな答えが返ってきた。

    「陰での努力は、きっと誰かが見てくれている。いつかはそれが評価されると思うんだ」

    そんなことがあるなら、もうとっくにある程度評価されていなくちゃ割に合わないだろうに。

    第一、世間で評価され、努力をしていると認められた人々はみな、その努力する様を第三者がしっかりと確認して評価している。誰も見ていないようなところで苦労をしても、誰も評価してくれない。

    「神様が見てくれている」みたいな抽象的な、ぼんやりとした思考停止に近い希望的観測のもと、毎日死にそうになりながらする努力。そんなもんが果たして本当に報われるだろうか? 

    今の時代、みんな自分のことで精一杯だ。ましてブラック企業の従業員なんて、なおのこと他人のことをしっかりと評価する余裕もないはず。そういった環境でいくら頑張ってみたところで無駄だ。

    「たかが仕事」と考えることだってできるはず

    ちょうど先日、2ちゃんねるで「日本人の『辛く苦しんだ分だけ報われる』っていう考え方ww」というスレッドが立っていた。スレッドを立てた人物は「大嫌い。人をコマのように扱う世の中」と書き込んでいる。全くもって同感だ。

    スレッドには賛同の声も多く書き込まれている。いくつか紹介してみたい。

    「苦労をしない方向に持ってくのが悪みたいな風潮があるね 」

    確かに、ある。この国ではいかに効率的に稼ぐかとか、いかにストレスを溜めずに働くかよりも、いかに額に汗して、涙を流して必死で働くかが重要視されているきらいがある。

    「報われるべきだとは思うけど、本当にその辛苦は受けなければならないものなのか。もっと楽に同じ結果出せる方法があるんじゃないかなと感じる事は多い」

    もちろん、苦労が全く無駄とは思わない。思わないが、ブラック企業での苦労は完全に無駄だ。苦労にも意味があるものと、そうでないものがある。

    こうした声の一方で、「正しい苦労か無駄な苦労かが分かるのは何年も後の話だよ」という意見も出ていた。

    分かるような分からないような、良い言葉のような、無責任なような……。正しい苦労とそうでない苦労の違いも分からない人が多いから、日本はバカみたいなブラック企業が蔓延ってるんじゃねえの? という気しかしない。

    無駄な努力をして死にそうになっているブラック労働者が現実に存在するのは事実だ。結局いいように搾取されるだけなので、苦労の質を考えずに、無思慮に努力なんかしても意味はない。

    辛い目に遭って苦しんだだけ、いつか報われるなんて、そんなのあるはずがないじゃないか。

    大体、その「いつか」っていつなんだという話である。ブラック企業で働く人に「いつか辛く苦しい思いをしただけ、見返りがあるよ」なんて、僕は口が裂けても言えない。

    それよりも「そんな環境ではろくな未来がないから、さっさと離職しなさい」と言ってやりたい。日本人の「いつか報われるから、今はこの苦役に耐えよう」という風潮なんて、今この瞬間の幸せを放棄させるための、体のいい方便にしか思えない。たかが生活のためにするだけの労働に、大して崇高な意味なんかない。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「苦しんだ分いつか報われる」っていう日本のクソみたいな風潮なんなの?】の続きを読む


    これは怖いな

    NO.5834991
    喫煙の恐怖! 空港の喫煙室で撮影された『1枚の写真』
    喫煙の恐怖! 空港の喫煙室で撮影された『1枚の写真』
    2015年に海外の掲示板に投稿された1枚の写真が、再び話題になっています。

    写真が撮影されたのは、アメリカ合衆国バージニア州にある、ワシントン・ダレス国際空港。

    そこに写っていた光景に、多くの人がゾッとしたといいます。

    一体、何が写っているのでしょうか。

    ■喫煙室で、ふと天井を見上げたら…
    投稿された写真のタイトルは、『喫煙所の天井』です。

    あなたは、この写真が何を意味しているか分かりますか。

    早速、ご覧ください。

    注目してほしいのは、天井の色。

    天井の色が『白色』と『オレンジ色』の2色に分かれているのは、色の異なるタイルを使っているから…というわけではありません。

    手前の部屋は、禁煙室。

    そして、奥側の部屋は喫煙室です。

    つまり、奥側の天井はヤニによって色が変わってしまったのです。

    ・うわ、ショックを受けたよ。この写真は、まるで非喫煙者と喫煙者の肺のようだ。

    ・肺が回復するには、多大な時間が必要だ。私は11年前にタバコをやめたが、まだ咳をしている。

    ・この空港の喫煙室を何度も利用したけど、本当に煙がすごかったよ。喫煙者でもキツいくらい。

    ・前の住人が喫煙者だった家に引っ越した時、親は天井を見上げて「焼きすぎたマシュマロのような色だ」っていってたよ。

    ・喫煙室に入る人にいいたいよ。「天井を見て。これでもタバコを吸いたい?」ってね。

    タバコの煙が、いかに人間の身体に影響を与えるか視覚的に分かるこの写真は、多くの人に衝撃を与えました。

    この喫煙室で一服する人の中には、ふと天井を見上げてタバコをやめた人もいたのかもしれませんね。

    【日時】2017年10月06日
    【ソース】grape


    【空港の喫煙室で撮影された"恐るべき写真"が怖すぎる.....】の続きを読む


    殺人ピエロからサバイブする方法
    殺人ピエロからサバイブする方法
    …ラが溢れかえっています。まぁ、イタズラなら良いんですが、万が一、本物の殺人ピエロ(別にジョン・ウェイン・ゲイシーが復活するとは言ってません)が目の前に…
    (出典:製品(ギズモード・ジャパン))



    (出典 rr.img.naver.jp)


    結局どうすんだよww

    【リメイクされる「IT」に乗じて、もしも"殺人ピエロ"に出会ってしまった時の対処法がムリゲーすぎるww】の続きを読む
    月別アーカイブ
    最新コメント
    Twitter プロフィール
    トレンドなネタや面白事件、アニメやゲームについての記事を盛り込んでますので暇つぶしにどうぞ!
    カテゴリー
    Amazonライブリンク
    楽天市場

    このページのトップヘ