これが世界だ!

管理人が好きな世界中(日本多め)の芸能やアニメ、ニュース、番組など気になった記事を好きなだけ詰め込んだ欲望満載のまとめサイトとなっております。

    カテゴリ: 政治


    何に金使ってんだ

    NO.5895499
    安倍首相「大統領と信頼築けた」=イバンカ氏と会食
    安倍首相「大統領と信頼築けた」=イバンカ氏と会食
    安倍晋三首相は3日夜、トランプ米大統領の長女イバンカ補佐官と東京・大手町の日本旅館で会食した。

    首相は、来日を歓迎した上で、イバンカ氏も同席して昨年11月にニューヨークで行われた大統領との初会談に触れ、「初めて面会してから約1年間、大統領との間で強固な信頼関係を築けており、大変喜ばしい」と伝えた。

    日本政府によると、首相とイバンカ氏は、女性分野を含む日米関係の幅広いテーマについて意見を交わした。

    家族や趣味なども話題に上ったという。

    会食には、ハガティ駐日米大使夫妻と佐々江賢一郎駐米大使が同席。

    首相らは、日本食材を使った創作料理を楽しんだ。

    首相自ら旅館の入り口でイバンカ氏を出迎えるなど厚遇ぶりが目立った。

    会食後、イバンカ氏は、見送りに出た首相と握手を交わし、「ありがとう、お会いできて良かった」と語り掛けた。

    首相はこの後、記者団に「(会食は)楽しかった」と述べた。

     これに先立ち、イバンカ氏は河野太郎外相と昼食を共にしながら会談。

    イバンカ氏は「引き続き、日米間で女性分野での協力深化に向けて貢献したい」と述べた。

    イバンカ氏は、野田聖子総務相、加藤勝信厚生労働相とも面会した。

     河野氏は5日、大統領に同行して来日するティラーソン国務長官と夕食を共にする。

    【日時】2017年11月04日 00:13
    【ソース】時事通信


    【安倍首相イバンカ氏と会食し、イチャコラするwwwwwwww】の続きを読む


    てか、よく再立候補したなwwww

    NO.5870293
    豊田真由子氏、信頼取り戻せず落選で涙「申し訳ない気持ち」
    豊田真由子氏、信頼取り戻せず落選で涙「申し訳ない気持ち」
    上半期の“流行語”といってもいい「このハゲーッ!」「違うだろ!」のインパクトは、あまりにも強力なダメージだった。

    男性秘書に対する暴言・暴行が報じられ、自民党を離党して無所属で出馬した埼玉4区の豊田真由子氏(43)は早々に落選が決まった。

    事務所に集まったのは、豊田氏の離党後に支援を決めた女性数人だけ。

    テレビの開票速報を見つめ、スマートフォンで情報収集に当たった。

    豊田氏は午後9時15分ごろ事務所に到着したが、入り口で報道陣にもみくちゃにされる場面も。

    午後11時ごろ、ようやく敗戦の弁を口にした。

    報道の影響について「それはあったと思います」と話した豊田氏は、「このハゲーッ!」の音声とは一転して、消え入りそうな声で「非常に申し訳ない気持ちでいっぱい。ひとえに私の力不足だったと思います」と絞り出した。

    「手作り選挙で支えてくれて…」とスタッフをねぎらうと、大粒の涙が止まらなくなった。

    今後については「まだ、全くの白紙ということだと思います」と詳細を語らなかった。

    選挙戦では現役2期の強みを生かし、介護や福祉に関する実績をアピール。

    一人一人に丁寧に笑顔で握手を求める徹底的なドブ板戦略を展開し、街頭演説ではほかの候補者よりも聴衆を集めることもあったが、票には結びつかなかった。

    【日時】2017年10月23日 07:00
    【ソース】スポーツ報知


    【豊田真由子氏、「ハゲの人だー!」で子供達の人気を集めるも信頼取り戻せず落選wwwwwwwww】の続きを読む


    結局どの党も権利握らせれば簡単に公約破るきがする。

    NO.5865839
    2分でわかる“消費税増税”各党の公約
    2分でわかる“消費税増税”各党の公約
    2分で分かる選挙の争点。

    今回は「消費税増税」。

    衆議院解散の理由のひとつとされた「消費税増税と使い道の変更」。

    その是非について、各党のスタンスは「賛成」「凍結」「反対」に分かれている。

    それぞれの公約をまとめた。

    【賛成】自民党、公明党
    自民党は増税分の一部を幼児教育の無償化など、人づくり革命のために活用。

    子育て世代への投資と、社会保障の安定化にバランス良くあて、景気への悪影響を軽減しながら、財政再建も実行するとしている。

    公明党は、増税に伴う家計負担を軽減するため、食料品などにかかる「軽減税率制度」を実施。

    所得の少ない低年金者に年6万円の給付金を前倒しで支給するとしている。

    【凍結】希望の党、立憲民主党、日本維新の会、日本のこころ
    希望の党は増税を凍結する代わりに、財源として、大企業の「内部留保」への課税を検討。

    規制改革などを行い、民間の活力を引き出すとしている。

    立憲民主党は、アベノミクスの成果があがっていないと主張。

    所得税、相続税をはじめ、再分配機能の強化を掲げている。

    日本維新の会は、国民に負担を求める前に、政治家が自ら身を切る姿勢が必要だとして、議員報酬・議員定数の3割カットを主張している。

    日本のこころは、消費税を払うとマイルがたまり、65歳を超えたときに還付される消費税マイレージ制度を導入するとしている。

    【反対】共産党、社民党
    共産党は、富裕層や大企業への優遇を改める税制改革や、国の支出の無駄遣いをなくすための改革などをすすめるとしている。

    社民党は、法人税の引き上げなど、不公平な税制の脱却と使い道を見直すとしている。

    現在、そして次の世代へと影響する消費税増税。

    各党の公約についてしっかり見極める必要がある。

    【日時】2017年10月19日 16:55
    【ソース】日テレNEWS24


    【サルでもわかる“消費税増税”に対する各党の公約!選挙前に必見。】の続きを読む


    日本絶望..."安倍首相"消費税10%引き上げの演説をNYでかましてしまう「答え出す」


    消費税10%引き上げ「答え出す」NYで演説 - 毎日新聞
    ... 【ニューヨーク仙石恭】安倍晋三首相は20日午前(日本時間同日夜)、米ウォール街のニューヨーク証券取引所で演説し、8月の内閣改造で掲げた「人づくり革命」について「実現には大きな財源が必要だ。この問題から逃げることなく答えを出すと決意している」と述べ、消費税率 ...
    (出典:毎日新聞)



    (出典 ta-7.com)


    あえて未来を奪っていくスタイル

    ニューヨーク証券取引所で演説する安倍晋三首相=米ニューヨークで2017年9月20日、AP
    毎日新聞

     【ニューヨーク仙石恭】安倍晋三首相は20日午前(日本時間同日夜)、米ウォール街のニューヨーク証券取引所で演説し、8月の内閣改造で掲げた「人づくり革命」について「実現には大きな財源が必要だ。この問題から逃げることなく答えを出すと決意している」と述べ、消費税率を予定通り10%へ引き上げることに前向きな姿勢を示した。

     その上で首相は、幼児教育の無償化を進めるほか、「所得の低い世帯の子供たちを対象に、高等教育を無償化する」と説明。増税分の使途を国の借金返済から教育無償化などに回す考えをにじませた。さらに「これまでの社会保障は高齢者への給付が中心だった。現役世代に振り向ける『全世代型』の制度に改革する」と強調。首相は次期衆院選でこうした政策を訴えたい考えだ。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【日本絶望..."安倍首相"消費税10%引き上げの演説をNYでかましてしまう「答え出す」】の続きを読む


    ダメなら物理でおねがいします!

    NO.5774863
    「ミサイルは猪木が止めてるのか?」猪木氏訪朝に望み託す声高まる
    「ミサイルは猪木が止めてるのか?」猪木氏訪朝に望み託す声高まる
    2017年9月9日、北朝鮮は69回目の建国記念日を迎えた。

    ICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射や核実験の可能性がある「Xデー」と目され、日本をはじめとする関係諸国が緊迫した空気に包まれている。

    こうした中、「親朝」派で知られるアントニオ猪木参院議員(74)に一縷の望みを託すネットユーザーの声が高まっている。

    ■金正恩(キム・ジョンウン)委員長の側近と会談
    猪木氏は7日、建国記念日に合わせ平壌を訪問した。

    訪朝はこれで32回目。

    11日まで滞在する予定だ。

    日本政府は北朝鮮への制裁措置の一環として、日本国民の北朝鮮への渡航自粛を求めている。

    菅義偉官房長官は4日の会見で、猪木氏に対し「政府の方針を踏まえて適切に対応すべき」と牽制していたが、それには応じなかった格好となる。

    猪木氏は日本を出発した6日、記者団を前に、あくまで「スポーツ外交」が目的だとするも、「表に出ている話と裏にある話はだいぶ違うことがある」「交流や話し合いをせず、圧力だけでは効果がない」とも話していた。

    朝鮮中央通信によると、猪木氏は8日に李洙ヨン(リ・スヨン)朝鮮労働党副委員長と会談した。

    会談内容は不明なものの、核実験やミサイル発射に関する内容に触れた可能性がある。

    ■ミサイル阻止に一役?
    猪木氏の「英断」とも「暴挙」ともとれる一連の行動は、日本のネットユーザーにどう映っているのか。

    ツイッターでは、批判的な向きがあるものの、 “「平和外交を支持します」 「やっぱ北朝鮮問題は政府よりも猪木さんだね」 「猪木さんにしかできない外交お願いいたします!」と、期待を寄せる声が少なくない。

    また、9日13時時点で北朝鮮に大きな動きが無いことから、“「ミサイルは猪木が止めてるのか?」 「これ今、猪木が必死でミサイル発射阻止してるとか想像していいやつ?」といった声もあがっている。

    猪木氏は、2016年にも北朝鮮の建国記念日に合わせて訪朝しており、滞在中に5回目となる核実験が強行された。

    【日時】2017年09月09日 12:44
    【ソース】J-CASTニュース


    【「北朝鮮のミサイルは猪木が止める⁈」アントニオ猪木議員にミサイル阻止の望み託す支持が高まる】の続きを読む
    月別アーカイブ
    最新コメント
    Twitter プロフィール
    トレンドなネタや面白事件、アニメやゲームについての記事を盛り込んでますので暇つぶしにどうぞ!
    カテゴリー
    Amazonライブリンク
    楽天市場

    このページのトップヘ