これが世界だ!

管理人が好きな世界中(日本多め)の芸能やアニメ、ニュース、番組など気になった記事を好きなだけ詰め込んだ欲望満載のまとめサイトとなっております。

    カテゴリ: 芸能【スキャンダル系】ニュース


    アンミカ、腎盂腎炎で20日生放送後に緊急入院 仕事復帰も報告
    アンミカ、腎盂腎炎で20日生放送後に緊急入院 仕事復帰も報告
    モデルでタレントのアンミカ(45)が、20日深夜に腎盂腎炎(じんうじんえん)のため入院していたことが分かった。22日に自身のブログを更新し報告した。
    (出典:エンタメ総合(スポニチアネックス))



    (出典 www.bijin-seizo.com)



    【アンミカ、腎盂腎炎(じんうじんえん)で生放送後に緊急入院していた…】の続きを読む


    もう終わりだ…

    NO.5932994
    "ビンタ騒動"西内まりや 大爆死「キューティーハニー」
    "ビンタ騒動"西内まりや 大爆死「キューティーハニー」
    3月に終了したドラマ『突然ですが、明日結婚します』(フジテレビ系)以降、これといって音沙汰のなかった西内まりやだが、久々にメディアで話題に上ったかと思えば、その内容は“ビンタ”。

    女優、歌手、タレント、モデルと八面六臂の活躍をしてきた彼女だが、どこで歯車が狂ったのか。

    西内のビンタ騒動は、11月16日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じたものだ。

    記事によれば、所属事務所で話し合いをしている最中、事務所に不満を抱えた西内が社長をビンタし、大騒ぎになったそう。

    殴打された社長は、加療1カ月以上のケガを負ったという。

    芸能誌のライターが語る。

    「西内は、SPEEDやDA PUMPらが所属するライジングに、“ゴリ押し”と言われても仕方がないようなプッシュを受け、2014年にレコ大の最優秀新人賞に輝きました。その後、次々とバラエティ番組に出演し、『10代の女子がなりたい顔の20歳以下の女優ランキング』(gooランキング)でNo.1にも輝くなど、同性人気も獲得してきましたが、昨年公開の主演映画『キューティーハニー』が大コケし、今年1月クールの月9ドラマ『突然ですが、明日結婚します』もコケて、活動がフェードアウトしていました。常識的に考えて、事務所の社長を殴打した人間をそのまま置いておく芸能プロはありませんし、西内の事務所は超大手のライジングなので、他の事務所も手を出せません。今回の一件で、西内の芸能人生は、ほぼおしまいでしょう」「週刊文春」では、暴行を否定する西内側に対し、事務所側は「紛れもない事実」と反論。

    事務所側が、所属タレントに殴られたとウソをつくメリットがないだけに、西内側の不利が一層際立つが、関係者の中には西内に同情的な声もある。

    映画関係者が語る。

    「昨年公開された西内の主演映画が『キューティーハニー』ですが、これが発表された時から、一部の関係者の間では、動員を不安視する声が上がっていました。そもそも彼女のファン層は、男子中高生や同年代の女子です。男子中高生は、『キューティーハニー』と言われても『何それ?』といった感じでしょうし、女子はお色気モノをわざわざ映画館に見に行きません。一方で『キューティーハニー』に思い入れを抱くオタク層は、西内のような勝ち気なタイプは苦手です。案の定、西内の『キューティーハニー』は大コケしました。だいたい、作り手となる中年男が、自分たちの思い入れだけで作ったような作品が当たるほど甘くはありません。橋本環奈がやった『セーラー服と機関銃』はその典型です。公開前に橋本があれだけ宣伝したにもかかわらず、記録的な大爆死に終わりました。西内も橋本も、こういった作品1本で“大コケ女優”のレッテルを貼られてしまう。彼女たちは被害者みたいなものですよ」

    元気キャラだった西内が、もう一度スクリーンで輝く姿を見ることはあるのか?

    【日時】2017年11月22日 10:00
    【提供】日刊サイゾー


    【"スマッシュビンタ騒動"の西内まりや1番の活躍キューティーハニーも大爆死していたwwwwwwwwwwwww】の続きを読む


    『るろ剣』作者の和月伸宏氏ついにやらかすwwwwwwwwwwwwww


    【なぜ?】『るろ剣』作者・和月伸宏さん書類送検で「しまぶー」がトレンド入り / ネットの声「しまぶーは抜刀したけど和月は型稽古だけだし」 - ロケットニュース24

    2017年11月21日、マンガ『るろうに剣心』の作者・和月伸宏さん(本名・西脇伸宏)が書類送検されたことが報じられた。容疑は、児童買春・児童ポルノの禁止法違反だという。 一世を風靡した人気マンガ家だけにネットは大混乱。そんな中、同じくジャンプマンガ家の「しまぶー」も ...
    (出典:ロケットニュース24)



    (出典 jumpsq.shueisha.co.jp)


    しまぶーまでもらい事故wwwwwwww

     実写映画化もされた人気漫画『るろうに剣心』の作者・和月伸宏(西脇伸宏)氏(47)が児童買春・ポルノ禁止法違反(単純所持)容疑で21日に書類送検されたことを受け、最新シリーズ『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』を連載中の『ジャンプSQ.』発行元の集英社は、休載を発表した。

    【画像】『るろうに剣心』のヒロイン・神谷薫

     同社は書面で「今回の報道を受け、社として重く受け止めております。作家は、深く反省しています。ジャンプスクエアで連載中の『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』は12月4日発売号より当面の間休載させていただきます」とした。

     『るろうに剣心』は1994~99年に『週刊少年ジャンプ』で連載され、シリーズ累計発行6000万部を超える大ヒット作。テレビアニメ化・俳優の佐藤健主演の実写映画化3部作などメディアミックスでもヒットを記録し、新シリーズ『-明治剣客浪漫譚・北海道編-』は今年9月4日から連載が始まっていた。
    『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』の休載が発表された(※画像は連載初回時の『ジャンプSQ.』表紙) (C)ジャンプスクエア2017年10月特大号/集英社


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【『るろ剣』作者の和月伸宏氏ついにやらかすwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む


    ちょっと前まで神対応とか言われてたのに…

    NO.5931099
    浜崎あゆみドタキャン遅刻連発でコメ欄閉じ逃亡
    浜崎あゆみドタキャン遅刻連発でコメ欄閉じ逃亡
    11月17日宮城公演を開演20分前にドタキャン。

    開場してから中止というあり得ない対応にTwitterやインスタが炎上。

    それを受けて18日インスタのコメント欄が閉鎖。

    ■浜崎あゆみ2017ホールツアー延期&遅延一覧
    9月16日
    徳島→台風で延期(当日発表)

    浜崎本人は現地入りせず、徳島の天候悪化は翌日のためファンの間で不信感が生じる。

    ちなみに同日、沖縄の安室、九州の倖田はライブ開催。

    10月22日
    兵庫→台風で延期(当日発表)

    公演は中止するも浜崎本人が物販に登場。

    警報が出る中、ファンが会場に集合し危険な行為と批判が集まる。

    11月10日
    大阪→機材トラブルで遅延

    開演が1時間以上遅延し新曲を含む3曲がカットされ、ファンから返金を求められる。

    11月17日
    宮城→気管支炎で延期(開演20分後に発表)

    今回のドタキャン、ライブの過密スケジュールによる気管支炎と公表されていたが、直前まで海外でバカンスを楽しんでいたことが体調不良の原因ではないかと言われている。

    単なる体調管理不足、プロらしからぬお粗末な延期&遅延対応に数少ないファンもますます離れそうである。

    【日時】2017年11月21日 12:00
    【提供】激裏情報


    【浜崎あゆみ、ライブでの遅刻やドタキャン連発で批判浴びるが、インスタのコメ欄閉じ逃亡…】の続きを読む


    業界人しか知らない裏の顔…

    NO.5928828
    「星野源は悪評だらけ」関係者あぜんとさせた"横暴エピソード"
    「星野源は悪評だらけ」関係者あぜんとさせた"横暴エピソード"
    3年連続となる『NHK紅白歌合戦』の出場を決め、出演中の連続ドラマ『コウノドリ』(TBS系)も視聴率好調と、いまやトップタレントのポジションを築いた星野源。

    昨年の連続ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)と主題歌「恋」の大ヒットから、人気や実力だけでなく知名度まで、一気に“国民的”レベルに到達した。しかし、かねてから業界内では“悪評”はそこかしこでささやかれており、「いずれ大々的に報じられるのでは」との声が聞かれる。

    そもそも星野の知名度アップに大きく関わったとされるのが、aikoとの交際だろう。

    当初は「無名アーティスト」などと報じられることもあったが、破局後の現在では両者の立場が、完全に逆転してしまった。

    「aikoとの交際当初、こんな出来事がありました。星野の所属事務所の大先輩であるサザン・オールスターズから、星野とaikoのセットでPVに出演してほしいとのオファーがあった。すでに公のカップルとなっていたものの、星野はPV共演を頑なに拒否し、aikoの意思はそっちのけで、自分だけが出演することに。桑田佳祐は、この経緯を知っているのか定かでないものの、少なくとも制作スタッフは、星野の横暴ぶりに少なからず怒りを覚えていました」(レコード会社関係者)

    また、2015年に解散したSAKEROCK在籍時には、こんなエピソードが。

    「元々は友人同士で結成したバンドですが、特に後期は人間関係が崩壊しており、メディア関係では“要注意バンド”扱いされていました。星野とメンバーだった浜野謙太との不仲が原因で、取材やレコーディングまで、2人が顔を合わせないようセッティングしなければならない状態だったんです」(音楽誌編集者)

    さらにテレビ出演時には、自分勝手な言い分で局関係者をドン引きさせる出来事があったようだ。

    「リハーサル時、カメラがバックバンドを映していると、星野が『そっちはいいからこっち(自分)を映して』と、キツめに指示を出してきたんです。こんな注文をつけるアーティストはまずいないだけに、スタッフも騒然となっていました」(テレビ局関係者)

    しかしこうした悪評が、一般メディアで大々的に報じられたことは、まったくといっていいほどない。

    その理由を出版関係者が明かす。

    「まず女性誌は、ジャニーズタレントと同様に、ヘタにスキャンダルを報じるよりもグラビアやインタビューに登場してもらった方が、売り上げにつながると踏んでいるようです。また、文筆業にも励んでいる星野は、文藝春秋から多くのベストセラーを出しているので、同社の『週刊文春』は、彼のネガティブな記事を一切掲載できない。熱愛にせよスキャンダルにせよ、持ち込む先は『写真週刊誌しかない』といわれています」

    aiko以外にも、二階堂ふみとの交際と、私生活の話題に事欠かない星野。

    果たして次に報じられるのは、どんなスキャンダルとなるのだろうか。

    【日時】2017年11月20日 08:00
    【提供】サイゾーウーマン


    【星野源、TV関係者をドン引きさせた"横暴エピソード"の数多く…実は悪評だらけの人物だった???】の続きを読む
    月別アーカイブ
    最新コメント
    Twitter プロフィール
    トレンドなネタや面白事件、アニメやゲームについての記事を盛り込んでますので暇つぶしにどうぞ!
    カテゴリー
    Amazonライブリンク
    楽天市場

    このページのトップヘ