【悲報】弱小YouTuber、運営から死刑宣告され終了のお知らせwwwwwwwww


弱小ユーチューバー悲報!1000人以下4000再生時間以下は「無給」に! - ニコニコニュース
ユーチューバーは儲かる!というのは、ごく一部の人気ユーチューバーのみとなるのかもしれません。ユーチューブがどうやら視聴数の少ないユーチューブチャンネルに関しては収益を配分しないという方針を明らかにしております。つまり動画をせっかく投稿しても収益が上げられず無給状態になるおそれもあるというので ...
(出典:ニコニコニュース)



(出典 biz-youtuber.com)


ざまぁぁぁぁぁぁぁ!!!


ユーチューバーは儲かる!というのは、ごく一部の人気ユーチューバーのみとなるのかもしれません。ユーチューブがどうやら視聴数の少ないユーチューブチャンネルに関しては収益を配分しないという方針を明らかにしております。つまり動画をせっかく投稿しても収益が上げられず無給状態になるおそれもあるというのです。
ーYouTubeパートナープログラム(YPP)の変更


YouTubeクリエーターブログによりますと、2017年はYouTubeコミュニティプログラムやYouTubeパートナープログラム(YPP)を通じて多くの収益を得た人や問題を起こした人、いわゆる「ユーチューバー」が話題となる年だったということです。

それにともない、YPPの基準を見直すということです。

2018年2月20日から、既存チャネルの利益配分の仕様を変更し、1000人未満の登録者や4000再生時間以下の視聴者は収益を得ることができなくなるということです。

収益を得られなくなったユーチューバーはその基準に達することができれば再び収益を得ることが出来る審査をうけられるとのことです。


ーいつから?

執行猶予は本日からということで、もし基準に満たないチャネルは必至に再生数を上げなければならないという過酷な生活が待っております。

ただし事務所に所属し、事務所から給与を受け取っているサラリーマンユーチューバーは、影響がないのかもしれませんが、再生数の少ないユーチューバーは事務所に所属しませんので所属している時点でまずはセーフでしょう。


ー問題って何?

最近確かに発売前のiPhoneXを動画にアップしたり
米国のユーチューバーが日本に来日した際、不適切な動画を撮影し炎上しました。

また、人気ユーチューバーが誹謗中傷を浴びるような行為を行い謝罪後、一旦フェードアウトし、そして復帰するという流れが一般的になりつつあります。

この厳しい規制によりかつてのブロガーのように一気に品質の悪い動画は消えていくのかもしれません。


Creator Blog
https://youtube-creators.googleblog.com/2018/01/additional-changes-to-youtube-partner.html


ーネットでの反応

(秒刊サンデー:たまちゃん

画像が見られない場合はこちら
弱小ユーチューバー悲報!1000人以下4000再生時間以下は「無給」に!


(出典 news.nicovideo.jp)

スラリン

スラリン

でも、そういう弱小といわれる層の動画にも広告ぶち込むんですよね?それはそれで何だかなぁ〜という感じはする。資本力で言えばyoutubeは最大級なのになぁ…やっぱ一部のお気に入り登録数と再生数不正操作が一定数確認されたって事なのかねぇ。やたら例のアレ利用の東南アジアだとかからのアクセスが多そうな人が居たからなぁw


こちらもおすすめ!

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット