= トップページ(1246ページ目) | これが世界だ!

これが世界だ!

管理人が好きな世界中(日本多め)の芸能やアニメ、ニュース、番組、VIPなど気になった記事を好きなだけ詰め込んだ欲望満載のまとめサイトとなっております。


    将来何になりたい?「YouTuber!」小学生達が憧れる職業にYouTuberが入選ww


    小学生の将来の夢に「YouTuber」が登場 学研「小学生白書Web版2016」調査結果 - ねとらぼ

    将来就きたい職業の質問では、男子のトップ3はプロサッカー選手(8.3%)・プロ野球選手(4.8%)・警察官(4.5%)、女子のトップ3はケーキ屋(10.2%)・パティシエ(10.0%)・医師(4.5%)と定番の職業がならんでいます。そんななかで、今回「YouTuber」と回答した小学生がいた ...
    (出典:ねとらぼ)



    (出典 bkmkn.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    YouTuberは夢があるようでないから子供が考えちゃダメだろww悪いことするやつも多いし悪い見本だね。

    小学生男女の「将来つきたい職業」ランキング
    ねとらぼ

     学研ホールディングスが、「小学生白書Web版2016」の調査結果を発表しました。このなかで、「将来つきたい職業」に「YouTuber」と回答した小学生がいたことを報告しています。

    【画像】女子の「将来つきたい職業」ランキング

     同調査は、2016年9月17日〜9月20日にインターネットを使って実施されました。調査対象者は小学1〜6年生の男女(とその保護者)で、サンプル数は各学年男女100人の計1200人。

     将来就きたい職業の質問では、男子のトップ3はプロサッカー選手(8.3%)・プロ野球選手(4.8%)・警察官(4.5%)、女子のトップ3はケーキ屋(10.2%)・パティシエ(10.0%)・医師(4.5%)と定番の職業がならんでいます。そんななかで、今回「YouTuber」と回答した小学生がいたことを、発表の中で大きく取り扱っています。

     「YouTuber」の回答数は0.5%(6人)と少数ながらも、この新しい仕事に小学生も注目しているという事実は非常に大きなものかと思われます。まあ、YouTuberの平均給料は747万円ですしね……

     「小学生白書2016 Web版」の全質問項目の詳細は、学研の公式サイトで公開されています。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【将来何になりたい?「YouTuber!」小学生達が憧れる職業にYouTuberが入選ww】の続きを読む


    小栗旬 共演の"新木優子"に顔面パンチされ「規格外だった」と吐露ww


    小栗旬、新木優子のパンチ直撃「主役の顔面に…」 - ORICON NEWS

    俳優の小栗旬が6日、都内で行われた関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(毎週火曜 後9:00)の制作発表に共演の西島秀俊、新木優子らと登壇した。激しいアクションシーンが見どころとなる同ドラマの撮影では、大きなけがはなかったものの ...
    (出典:ORICON NEWS)



    (出典 pbs.twimg.com)


    小栗君、殴られた瞬間ポカーンだったろうなww

    【小栗旬 共演の"新木優子"に顔面パンチされ「規格外だった」と吐露ww】の続きを読む


    伝説的クソゲー「たけしの挑戦状」がスマホで復活決定!!


    正気か 伝説のクソゲー「たけしの挑戦状」がスマホで復活決定 - ねとらぼ - ねとらぼ

    ... 「たけしの挑戦状」は、ファミコン全盛の1986年、「あのビートたけしが監修を手掛けた」という鳴り物入りで登場。しかし「スナックで酔いつぶれて妻と離婚する」「宝の地図を ...
    (出典:ねとらぼ)


    たけしの挑戦状』(たけしのちょうせんじょう)は、1986年12月10日にタイトー(現・スクウェア・エニックス)が発売したファミリーコンピュータ用ゲームソフトである。タレントのビートたけしが監修した作品。「ポリネシアンキッド 南海の黄金」というサブタイトルも付けられている。
    23キロバイト (3,075 語) - 2017年2月25日 (土) 06:20



    (出典 dic.nicovideo.jp)


    過去のちびっこもいい歳だからと再挑戦してもスマホを投げ出すレベルのクソゲーであるwww

    何人のちびっ子たちが心を折られたことか……
    ねとらぼ

     ファミコン時代の迷作「たけしの挑戦状」が、スマートフォンアプリとして復活することが分かりました。うそだろ……。

    【画像】テーーーレーーーレーーー

     「たけしの挑戦状」は、ファミコン全盛の1986年、「あのビートたけしが監修を手掛けた」という鳴り物入りで登場。しかし「スナックで酔いつぶれて妻と離婚する」「宝の地図を日光にさらして1時間待つ」などあまりに斬新すぎる謎解きやゲーム内容で、当時はクリアできず挫折するユーザーが続出。一部では「伝説のクソゲー」とも呼ばれました。

     今回のリメイクは、タイトーの名作をスマートフォンでリリースする「TAITO CLASSICS」シリーズの一環。説明文では「まさかの追加コンテンツを携え、新たな姿となって登場!」とうたっていますが……追加コンテンツとは……?

     「たけしの挑戦状」は「TAITO CLASSICS」シリーズの第2弾タイトルとして、2017年夏にリリース予定。第1弾の「タイムギャル」はすでに配信中で、今後は「レイフォース」「レイストーム」「レイクライシス」が配信予定となっています。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【伝説的クソゲー「たけしの挑戦状」がスマホで復活決定!!】の続きを読む

    このページのトップヘ